Top > 宝石交易 > インド宝石

インド宝石交易

インドのルビー、サファイア、キャッツアイを購入し、北欧で売る。

購入場所売却場所発注書
ゴア・カリカット・セイロン
ポンディシェリ・マスリパダム
リスボン(バザー、商会ショップ)
ドイツ、北欧、近東方面
「象牙の配送」、「金の配送」、「象牙の調達」
  1. ザンジバルで「象牙の配送」を受け、リスボンで琥珀を1個購入してヴェネチアに行く。
  2. ヴェネチアで「パセリの納品」を受けラクーザ経由でナポリに行く。
  3. ナポリで「珍しい石」を受け、レモンオイルを購入してジェノヴァに行く。
  4. ジェノヴァで「レモンオイルの納品」を受けてリスボンに行く。

以上の交易クエストで、合計27枚のカテゴリー4発注書を入手できる。

  • リスボンのショップで販売する場合、原価が3K未満だと売れ行きが良くなる。ジュエリーカット等で得た原価0の宝石で調整するとよい。
  • 海図

長所

  • 高い名産ボーナスを期待できる。
  • 交易クエストで得られる発注書が多いため、取引スキルが上がると発注書が余るようになる。
  • ふっかけに成功すると酒場で噂になりやすい。
  • ルビーは自国領で買える。

短所

  • 1往復に時間がかかる。
  • 売り場が他国同盟港であるため関税がかかる。
  • PK遭遇のリスクが高い。

海賊の傾向と対策

  • インド西岸は沿岸部の活動が多い。
  • インド南岸はコチン〜セイロン前でNPCを狩りつつ活動している。
  • 東アフリカでは、街中で待ち伏せしている可能性があるので、入港したら中に入る前に検索で確認すること。
  • あらかじめ東アフリカに海賊がいることが分かっている場合は、先に「象牙の配送」を受けてからインドに向かうと良い。
  • 喜望峰沖、アガラス岬沖も海賊が常駐する可能性がある。ナタールとケープどちらか安全な方で補給すると良い。
  • 穀物海岸沖、カナリア沖もPK遭遇の危険性が高い。海域の境界と沿岸部は要注意。一度拿捕されたら同じ航路は続けて通らない方が良い。

添付ファイル: fileインド宝石交易.png 487件 [詳細]

ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-27 (金) 20:01:59 (3215d)