Top > 各国動向

ポルトガル

概要

良くも悪くも初心者向けの国。領地が優秀であるが故に、同盟港獲得の重要性を認識するのが旧3国の中で一番遅かった。
「とりあえずポルトガル」で始める人が多い。
気軽に選択する人が多いにもかかわらず、ポルトガルに所属することの面白みがインドに行くまで実感しにくいのが難点である。

交易と投資戦

領地を起点とした交易路、および宝石交易香辛料交易が、ポルトガルの主要な交易路である。特にゴアを起点としたインド−アフリカの香料交易は、程よい距離の交易路であるため、ライトユーザや商人以外のプレイヤーにも好評である。インド方面を活動の中心に据えるようになってから、真のポルトガルの醍醐味を味わえると言えるだろう。
宝石交易はイングランドと利害が衝突するため、交易路の港は投資戦のメインになっている。

イスパニア

概要

西地中海とカリブ海に優秀な領地を持つ。領地数は最も多い。
第一回の大海戦における大敗をきっかけに、国益RPが盛んになる。
リーダーシップを発揮するプレイヤー達によって、参加数が勝敗を決するといわれた大海戦で、数で勝るイングランドを破るなど、最大勢力に対抗できるほどの勢力になった。
毎週土曜には本拠地のセビリアでバザーが開かれる。また、広場の教会内で実施されるオークションは、見るだけでも楽しいので足を運んでみることをオススメする。

交易と投資戦

火器による近距離交易、カリブの名産品交易、インドの宝石、香辛料、生糸が主要な交易である。
時代背景を考えると、火器が欧州以外で販売される可能性は低く、今後海域が追加されたとしても、イスパニア以外に火器交易を行う国が現れる可能性は低い。

イングランド

概要

初期の頃から国益RPが盛んであり、統制された集団行動で投資戦や大海戦を勝ち抜いてきた。Notosサーバ最大人口を要する国である。
だが宝石と縫製の相反する利益を求め他国との摩擦により、旧3国の時代にはポルトガルとイスパニアの2国を敵に回すことになった。
ポルトガル人航海者を襲うPKには、現在でもイングランド人がもっとも多い。

交易と投資戦

欧州北部において宝石の買取額が高いため、宝石交易が主流である。特に距離の近い西アフリカのダイヤが利用されていた。また、領地を利用した近距離交易や、カルカッタの生糸も交易の柱となっている。
この他に西アフリカの金を用いた貴金属交易を行うグループと東南アジア香辛料交易を行うグループがあった。
遠距離交易、流通が少なめの発注書が必要な交易、取引スキルを上げにくい交易、超近距離交易と初心者には敷居の高い交易が多い。
最近は南米西岸への影響度確保に積極的である。オスマントルコの実装により、インド方面の競争の激化が予想されることや、安全海域化しやすいインドの港が大海戦対象港に選ばれる危険性が出てきたことから、競争相手の少ない地域に移ろうとしているものと考えられる。

フランス

概要

地中海と北大西洋に領地を持つ。
イベリア半島をまたいで大きく離れているため低レベルプレイヤーには利用しづらい。
ただし、領地内で名産ボーナスを狙える最も短い航路でもあるため、速い船を手に入れれば優良航路に化けるだろう。
大海戦ではポルトガルにもイスパニアにも同盟できるため、軍人メインのプレイヤーにとっては最も楽しくプレイできる国である。このため軍人の亡命者が目立つ。

交易と投資戦

本拠地の隣で優秀な貿易港のジェノヴァに何度か投資戦を仕掛けている。
アップデート以降は、中南米にカテゴリー3発注書を大量に得られる交易クエストが実装されたことと、 自国領に優良な織物の交易品があることから、中南米方面の交易が注目されている。
交易の内容自体はイスパニアに次いで充実しているため、今後さらに中南米への影響度を増していく可能性が高い。
南米全体に広く影響度を確保しつつあり、自国領の名産品を生かした交易が整いつつあると見られている。 中米から影響度を延ばしつつあるヴェネツィアとどのように渡り合っていくかが注目されている。

その他の主要な交易はジェノヴァ⇔カルヴィまたは北アフリカと、領地を利用した近距離交易である。

ヴェネツィア

概要

アドリア海に3つの領地を持つ。東地中海をほぼ掌握し、現在西地中海へと勢力を広げつつある。
イングランドとは基本的に不干渉であり、一部投資家はポルトガルやイスパニアとの全面対決も避けようとする傾向にある。
旧3国との消耗を避けることで節約される投資資金がどこに向かうのか、あるいは専守防衛に徹するのかは大いに気になるところである。

交易と投資戦

東地中海は北海と同様に宝石の価格が高いため、初期は宝石交易が行われていた。また、マスリパタムに影響度を確保し、生糸を用いた交易も行われていた。西アフリカの金を用いた貴金属交易も行われていたが、イングランドと交易路が重なるため、あからさまな攻撃投資は行われていない。拡張パック導入まではアドリア海の近海交易が主たる産業となっていた。
現在メインの資金源となっているのは、東南アジアからの香辛料である。近距離交易では唯一ジェノヴァ-カルヴィ間の交易が健在である。
領地内で完結する交易が中心となるため、投資戦は交易路の確保よりは、地域統一というRPの色が強い。

ネーデルランド

概要

北海に領地を持つ。本拠地周辺の環境はイングランドよりも恵まれているものの、人口最大の隣国を持つが故に亡命者や新規プレイヤーは少ない。

交易と投資戦

本拠地で水晶が産出するため、宝石交易には非常に有利である。
また、近隣に領地を含めた港が密集しているため、鋳造などの生産を織り交ぜた近距離交易も有効である。
現在の投資は、鉱石の産地以外明確な交易方針に基づいたものとは言い難いが、いずれは宝石交易強化の投資戦も始まると思われる。
その際、西アフリカとインドの二つの選択肢があるが、オランダ羅紗など領地の名産品の売却地を考えるとまず西アフリカに拠点を築くと考えられる。
現在は、小国の利点を生かして広範囲に少しずつ影響度を確保する一方、新天地の東南アジアへは積極的に投資を行うなど、堅実さと大胆さの二面性を持つ投資計画が存在するようである。

オスマントルコ

概要

亡命することでのみ所属できる上級者向けの国。現在は大海戦に毎回参加できる。

交易と投資戦

入港許可の地図で、モスクのシンボルで表示される港は、オスマン同盟港になると変装が必要になってしまう。
このため、他の国々と対立する可能性が高いが、黒海やペルシャ・アラビア方面の港はオスマントルコが交易をほぼ独占できるため、他の国による同盟の維持は困難と思われる。
スエズ運河だけでなく、バスラ経由のルートもあり、インド方面へのアクセスに強い。
イングランドやネーデルランド同様に領地で宝石を高く売ることができ、移動で他の国より有利なことから、インドの宝石を利用するのではないかと予想されている。
その一方で、南米方面には開拓地を持たず、進出する可能性は低い。

無差別海賊

概要

上記の国家以外に、多国籍の海賊集団が存在する。
PKの対象を国籍で限定していないため、一般には無差別海賊と呼ばれる。
同国のプレイヤーでも襲われるが、実際には個々の海賊の意思次第なので、襲う対象が偏っている海賊もいる。
無差別海賊が団体を結成したのは計3回で結成が古い順に、VILLAIN(解散済)、ペンギン団(事実上活動停止)、Lycaon(解散済:2009/5月にメンバーのblogにて発表あり)である。一部のメンバーは共通。

傾向と対策

リーダーの海賊は、収奪品による利益よりも海賊行為そのものに執着しているらしい様子が被害者の情報より伝えられている。おそらく他のベテランの無差別海賊も似たようなタイプの海賊が多いと考えられる。
このようなタイプの海賊相手には、上納品の使用や港の封鎖によって戦闘の機会を奪うことが有効である。
一方、プレイ歴の浅い者や、海賊集団に入って初めて賞金首になったような海賊は、団体に所属することで受けられる保護を目当てにしている可能性が高い。
このようなタイプの海賊相手には、上納品は効果が薄く、PKKによる討伐が有効であろう。
相手のタイプに応じて複数の対策を使い分けることで、より効果的な対応を行うのが理想的である。

傭兵としての無差別海賊

無差別海賊の団体は、傭兵として活動することがある。
実例としては、過去イングランドがインド南部方面の投資ツアーの支援にVILLAINを雇ったことが挙げられる。

無差別海賊を雇うメリットは、一時的に軍人の数を増やせることにある。
しかしそれ以上にデメリットが大きく、傭兵の代金を手に入れた無差別海賊がさらに力をつけ、自国や友好国の被害がますます増大するという事態を招いてしまう。
敵対国から見れば、相手国が無差別海賊を雇っても私掠海賊を増やしても同じ事であるため、味方への危険増大という点から、無差別海賊の雇用には、ほとんど利点が無いと言ってよいだろう。

新海域について

ゲーム情報サイトのインタビュー等で2008年度中に新海域の実装が示唆されている。
別なアプローチでは、南米西岸に8港、東カロリン海盆に2港、補給港ウシュアイアの格上げといった追加実装が見込まれるとも伝えられており、今後の動向に注意が必要だろう。

なお、ヨーロッパとの中距離交易が可能と考えられる北米 東 岸 については、港が実装される予定はまだなさそうだ。
しかし実装された場合、ポルトガルのアゾレスは、ヨーロッパと北米の中間に位置する領地であり、北大西洋航路の拠点として利用されることが予想される。
ただし、貴金属の値段が安いなど、アゾレスはヨーロッパとは独立した交易圏として設定されていることから北米⇔アゾレスの手軽な交易路が成立するとは考えにくい。
通常の交易品を運ぶだけでなく、アイテム類の生産・クエストを視野に入れて交易路を考案することになるだろう。


ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-07-01 (水) 11:47:11 (2854d)