Top > 交易タイプの考察

交易タイプを考察する

このゲームにおける交易タイプは、大きく分けて次の2パターンに分類できる。
これは、交易に対する考え方の違いによって生じる差異であり、投資戦の戦略を左右する要素でもある。
それぞれの交易タイプには明確な長所と短所があり、特に商人はよく理解しておくことをお勧めする。
なお、一方のタイプの商人しかいない国は存在しない。国単位で見る場合の交易タイプは、人数の偏りによるものである。

集中型

効率の特に良い交易を重点的に行うタイプ。領地限定の交易を除いて、どの国のプレイヤーでもだいたい似通ったスタイルに落ち着く。

集中型の長所

  • 単純明快でわかりやすい。
  • 交易路に利用者が集中する。
  • 必要スキルが少ないので、軍人や冒険者も手を出しやすい。
  • 数量的な評価がしやすいので、投資計画を立てやすい。
  • 同じ交易タイプの国同志なら、基本的に人数が多い方が勝つので、人口最大の国が行えば最強になる。

集中型の短所

  • 交易が単純作業になりやすい。
  • 下方修正で壊滅する危険性を孕む。
  • 少人数の勢力は自分達より大きな勢力には絶対に勝てない。
  • PKの妨害に弱い。
  • 交易路の争奪戦が激しい。

分散型

複数の交易路を保持し、状況に応じて交易路を切り替えるタイプ。個々の交易の効率は、必ずしも最高ランクというわけではない。
地域ごと、所属国ごとに特色が出やすい。(例:ポルトガルのインド⇔東アフリカ交易)

分散型の長所

  • 変化に富んだ交易を楽しめる。
  • 良い相場の交易路が大抵は一つ以上あるので、安定した交易活動を行うことが出来る。
  • PKを避けやすい。(情報交換が必須)
  • 特定の交易が下方修正されてもダメージが少ない。

分散型の短所

  • その都度交易計画を練る必要がある。
  • 利用者も複数の交易路に分散する。
  • 相場・PKなどの情報交換が重要なので、完全なソロプレイだと難しい。
  • 必要なスキル・アイテム枠が多くなる。
  • 数量的な評価が難しい。(後述)

分散型交易の致命的な弱点

分散型の交易の最大の弱点は、数量的な評価が難しいという点である。複数の交易の組み合わせであるため、自他共に客観的な評価が困難である。
このため、自分達の交易に対する過小評価・過大評価が生じる可能性が高く、特に投資戦への悪影響が懸念される。

過小評価が蔓延すると…

  • 交易の参加者が減少する。
  • 積極的な投資が減り、投資戦は防戦一方になる。

過大評価が蔓延すると…

  • 投資戦の計画が雑になり、資金の無駄な消耗が増える。
  • 維持・防衛投資がおろそかになる。
  • 交易路拡大にばかり目が行き、既存の交易の強化がおろそかになる。
  • 慢心・奢りにより、友好勢力との関係を軽視しがちになる。

過小・過大両方の評価が蔓延すると…

  • 意見が二極化し、明確な基準が無いままに交易・投資を論ずるので意思決定が遅くなる。
  • スピード勝負となる新港争奪戦で遅れをとる。
  • 予想外の事態に適切な対処ができなくなる。

分散型交易の課題

何よりもまず、自分達の交易を客観的に評価する方法を見つけることである。
自分達の正しい姿を知ることで、無駄の無い交易・投資戦を目指したいものである。

コメントはありません。 コメント/交易タイプの考察?

お名前: URL B I U SIZE Black Maroon Green Olive Navy Purple Teal Gray Silver Red Lime Yellow Blue Fuchsia Aqua White

ホーム   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-01-07 (日) 18:00:50 (3825d)